スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

メイクの欠点:涙が出てしまうと…

メイクの欠点:涙が出てしまうとまさに阿修羅のような恐ろしい顔になってしまう。
微妙に多くなっただけなのにケバくなってしまい台無しになる。
顔の造りをごまかすのには骨が折れること。

なんとかできないものかという気持ちから自己流のフェイシャルマッサージをする人もいるようですが、特に目の下の皮膚は敏感なので、ただただゴシゴシと力をかける乱暴なマッサージであれば逆効果になります。

現代を生きていくということで、ヒトの体内には体に悪影響をもたらすケミカルな物質が蓄積され、更には己の体内でも老化を促進する活性酸素などが作られていると言われている。

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を添加して作られた美肌水は低刺激でお肌に優しく、肌が乾燥しやすい人に適しています。
防腐剤や香料等利用しておらず、肌の敏感な人でも使えます。

体に歪みが生じると、内臓同士が圧迫し合ってしまい、つられてそれ以外の臓器も引っ張られ、位置の移動、内臓の変形、血液や組織液に加えてホルモンバランスにも悪い影響を齎すのです。

メイクの短所:お肌へのダメージ。
毎朝毎朝煩わしくて仕方がない。
メイクアイテムの費用がやたらとかさむ。
皮ふが荒れる。
お直しや化粧をする時間が勿体ないこと。

例えるなら…今、パソコンを見つめながら頬杖をついてはいませんか?実はこの癖は手のひらからの圧力をダイレクトに頬に与えて、繊細な肌に負担をかけてしまうことに繋がっているのです。

よく美容の雑誌や本には、小顔や美肌、痩せる、デトックス効果が期待できる、免疫力の増進など、リンパ液を流せばあらゆることがOK!という楽天的な謳い文句が並んでいる。

現代社会に生きる身では、人の体内には体に悪い影響を与えるケミカルな物質が蓄積され、さらには私たちの体内でも老化を促進する活性酸素などが誕生していると報じられている。

辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の素因には、1.腸内や表皮、肺、口腔内などの細菌叢、2.遺伝的な原因、3.栄養面での原因、4.環境面でのトラブル、5.それ以外の説などが主に挙げられている。

その上に毎日のストレスで、メンタルな部分にも毒は山のごとく積もっていき、身体の不調も引き起こしてしまう。
このような「心身ともに毒だらけ」という感覚が、多くの人をデトックスへと駆り立てる。

常時爪のコンディションに気を配っておくことで、ほんの僅かな爪の異変や体の変遷に対応して、もっと自分に見合ったネイルケアをおこなうことが可能になるのだ。

肌の美白指向は、1990年ぐらいからじわじわと女子高生などに受け入れられたガングロなど、不自然なぐらい過度に日焼けするギャル文化への進言ともとれる意見が内包されている。

整形外科とは異なり美容外科が健康体に医師が外科的処置をする容貌のための行為だとはいえ、安全への意識があまりにも不十分だったことが大きな誘因であろう。

メイクの長所:容姿がきれいになる。
メイクもたしなみのひとつ。
実年齢より大人っぽく見せたいという願望を叶えられる(あくまで10代から20代前半限定)。
自分のイメージを自分好みに変化させることが可能。

不思議の国の破産宣告!デメリット

スポンサーサイト

2014.03.31 | 未分類

«  | ホーム |  »

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。